銚子電気鉄道の旅






本社所在地 〒288-0056 銚子市新生町2−297  銚子電気鉄道株式会社
電  話 0479−22−0316
乗車運賃 銚子〜仲ノ町 大人180円、小児90円  銚子〜外川 大人340円、小児170円
各  駅 銚子駅、仲ノ町駅、観音駅、本銚子駅、笠上黒生駅、西海鹿島駅、海鹿島駅
君ヶ浜駅、犬吠駅、外川駅  全10駅
営業キロ程 銚子〜外川間 6.4キロ
所要時間 銚子〜外川間 約20分
発車時間 (平日)仲ノ町始発 5:37 銚子駅終電 20:51  外川始発 6:00 終電 21:20
ホームページ http://www.choshi-dentetsu.jp/
備   考 大正12年 7月  銚子鉄道株式会社として営業開始(銚子〜外川)
大正14年 7月  電化完成・電車運転開始
昭和23年 8月  銚子電気鉄道株式会社に社名変更
昭和51年 2月  観音駅構内に直営売店を開業
平成 2年12月  犬吠埼新駅舎竣工
平成 7年 4月  ワンマン運転を開始 
平成 7年 9月  犬吠駅で「ぬれ煎餅」の売店を開業
平成22年 7月  初の2両編成電車導入
平成26年 1月  ダイヤ改正19往復となる
平成26年 6月  ぬれ煎餅駅オープン
平成29年 3月  観音駅のたい焼き店閉店
平成29年 6月  犬吠駅にたい焼き店オープン 


銚子電気鉄道乗車の記録
 銚子電鉄は、平成18年(2006年)の中頃よりこれまでにない危機が伝えられ、10月19日には銚子市により
住民意識を高めるための講演会も開催されました。この講演の中で地元住民によるサポーターの育成なども
話されたと記憶しております。
 自分としては、とにかくできるだけ多く銚子電鉄を利用することが大事であると考え、10月頃から、なるべく
週1回は銚子電鉄に乗る活動を始めました。その後、銚子電鉄は「ぬれ煎餅」ブームを巻き起こし、テレビにも
多く登場しました。銚子電鉄サポーターズも結成され、確実に支援の輪は広がっています。
 私は乗車自体が銚子電鉄への支援と考えていましたので、1日乗車券の「弧廻手形」をできるだけ多く購入
しました。幸いにして、この間銚子電鉄が鉄道マニアの注目を集めたためでしょうか、「弧廻手形」も写真を変
え、様々なデザインの乗車券が発売され、楽しみながら収集を続けることができました。私は「テツ」ではない
のですが、銚子電鉄関係の鉄道グッズもなるべく購入することとしました。
 私の週1回の銚子電鉄乗車は、平成19年(2007年)9月を以て一応終了として、現在は無理のない範囲で
銚子電鉄を楽しんでいます。
 これまで収集したテレホンカードや記念乗車券、グッズ、弧廻手形などをまとめてみました。なお、弧廻手形
購入の記録(乗車記録)は個人の購入(乗車)記録であり、乗車券ナンバーを記入していますが、初登場時期
についても、銚子電鉄の正式な記録ではありません。
弧廻手形での乗車記録



平成19年1月1日と12月31日の「弧廻手形


テレホンカードギャラリー


パンフレット update


弧 廻 手 形 update


レジャークーポン券等 update


記 念 切 符


合格祈願切符 update


絵はがき


本・切手


CD・DVD


その他グッズ update


鉄道むすめ 外川つくし


銚子電鉄4人むすめ update



2007.1.8 open 2019.9.3update

2019.9.3
 また1年ぶりの更新になってしまいました。ブログ記事のグッズはまだアップできていません。少しずつでも更新していきたいですね。

2019.1.1
 2019年の元日、外川駅と犬吠駅に行って、新年用の弧廻手形やグッズを購入してきました。

 過去のひとりごと